自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

蘇れRCカー、レストアへの道 その1

先日、パパ友と謎の買い物をするという、意味深な記事を書きましたが、
今日も今日とて、こそこそと先日行ったお店に再来店。
ここに来るまでの道のりは、長く険しいモノでしたが、ようやくひと段落したので、
満を持して、振り返っていこうかと思います。


キッカケは、同い年の子供を持つパパ友。
キャンプもたまに一緒に行く仲なんですが、私がキャンプでも楽しめるかなと思って、
子供にラジコンを買ったところ、それはイイ!とそのパパ友も同調。
ウチの子にも買うんで、一緒に走らせましょうよー。みたいな話でひと盛り上がり。
とまぁ、ココまでは、よくある話なんですが、実はこのパパ友、私と同い年。
で、この年が意味するのは、バリバリのミニ四駆世代。(w
子供のラジコンの話から、子供の頃にお互いハマっていたミニ四駆の話に行き、
その後、私はRCカーを組み立てるまでに至った話で、ひとしきり盛り上がる。
そのパパ友は、RCカーには手を出さなかったようですが、当時からずっと興味はあったみたいで、
今回のことで、一気に興味が再燃した様子。
ついには、金のある今こそ、買っちゃおうかなーとか言い始める始末。(w


となれば、私とて、動かぬわけにはいかない。
そう、私には、高校時代に組み立てたRCカーが、まだ実家に眠っているのだ…!
まぁ、お年玉をはたいて買ったはいいモノの、周りで自由に走らせられるような環境もなく、
両手で足りるくらいしか走らせた記憶もないまま、大学進学で実家を離れると共に封印。
その後、この封印が解かれることは(*1ほぼ)なく、約25年間ずっと実家で眠り続けていたため、
正直、マトモに動く保証はない…。
しかし、当時満足に走らせてやることのできなかった、RCカーへの罪滅ぼしに、
今こそ、25年の封印を解く決意をするのであった…!つづく

*1:正確には約10年前にちょっとだけ動かした記録あり。