自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

花澤香菜さん&片渕須直監督トークショー

映画の上映が終わったのが、22時半頃。
既に、軽く終電を気にし始めたところで、お二人のトークショーがスタートしました。
と言っても、内容の方は、プレスのレポートが詳しく上がっているので、
詳しくは後述するプレスサイトをご参照ください。(手抜きw


先に席について書きますが、先日のチケット争奪戦で頑張った甲斐もあって、
かなりの前方席でした。
まぁ、端ではあったので、正直映画を観るには結構ツライ席ではありましたが、
トークショー的には、ゲストにスゴイ近くて、かなり当たりな席でした。
さらに、花澤さんは初めてお会いすることもあって、めっちゃ緊張。
登壇されたときには、近さと可愛さでドキドキが止まりませんでした。(w
しかも、夜が遅かったこともあって、我々の終電を気にしてくれて、
「終電危なかったら、気にせず帰ってね」と優しく声をかけてくれました。
いや、逆にその一言で、タクシーで帰る覚悟を決めましたとも。(w


花澤さんは、今回唯一の新キャラであるテルちゃんを演じているわけですが、
テルちゃんは出番は少ないながらも重要な役どころで、かつ風邪であったり方言であったり、
演技が難しい役どころ。
そんなテルちゃんを、本当にいい意味で自然に演じていて、
正直、私も映画を観ていて、テルちゃんを花澤さんが演じてるとは気づきませんでした。
トークショーでも、透き通るような声で安定した受け答えを披露し、
若いながらも芸歴の長さを感じる堂々とした存在感でした。


片渕監督も、監督とは思えないほど、すらすらと軽快なトークで、
キャスティングや撮影時の裏話をいろいろと教えてくれて、非常に楽しい時間を過ごせました。
さすが、何百回と舞台挨拶に行っているだけのことはありますね。
おかげで、また最初から見返したくなってしまったよー。(w


最後に、進行の方が言っておられたけど、同世代の方々に勧めてほしいということだけでなく、
次の世代にもぜひ勧めてほしいという話がありました。
本当に、この作品は、末永く後世に語り継ぐべき名作だと感じていたので、
私も時が来たら、我が娘たちに勧め、そして一緒に観たいと思います。


ちなみに、花澤さんが心配してくれたおかげで、何とか終電には間に合いました。(w