自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

HUGっと!プリキュア ドリームステージ

センチのイベントのせいで、はぐプリの優先度が下がっていたとはいえ、
気づけば、はぐプリも明日で最終回…。
というわけで、これまでの感謝も込めて、ドリームステージに行ってきました。
何気に今日が千秋楽のようなので、ネタバレを気にすることなく、
堂々と振り返ってみます。(w

昼食

午後からの回だったので、まずは現地近くのファミレスでお昼を食べたんですが、
たまたま隣に座ってた方が、どう見ても同じ目的です。(w
ウチの子たちもミライクリスタルを首から提げていたこともあって、
気づいたら、お隣のお子様たちと意気投合して遊んでました。
私に似ず、何とコミュ力の高いこと。
このコミュ力が私にもあれば、先週のイベントをもっと楽しめたのかなーとか、
ちょっとせつなさ炸裂でした。(w

会場到着

特にやることもなかったので、早めに会場に到着。
ちょうど午前の回の方が退場中だったので、会場周辺はごった返してましたが、
出てきた子供たちの満面の笑みの表情を見る限り、こっちも期待が高まります。
ていうか、子供たちのコスプレ率たかっ!
まぁ、大半は市販のコスプレ衣装なんですが、中には明らかに手作りだろって感じの、
気合いの入ったはぐプリ衣装を身にまとってる子もいて、
将来に末恐ろしさを感じました。(w

物販

開演1時間前頃、会場内オープン。
まずは、公演後のハイタッチ会の参加権も兼ねている「ツインラブライト」をゲット。
1つ買えば、1家族みんな参加できるらしいんですが、
当然、2人とも欲しいと言い出したので、渋々2つお買い上げ…。
でも、この「ツインラブライト」。
1個1500円とそこそこの値段はするものの、映画でもらえる「ミラクルライト」とは違い、
サイズも5倍くらいで、色も変更できるという優れモノ。
当然、色ははぐプリチームのそれぞれのイメージカラー5色に変更可能です。
…いや、もうコレ、ちょっとした「せつなさブレード」じゃん。(w
ちなみに、他にもいろいろ物販してましたが、キリがないので全てスルーで…。
等身大(?)ポップの写真コーナーがあったので、写真だけは撮っておきました。
しかし、このポップ、何故にエールとマシェリとアムールの3人なんだ…?
アンジュとエトワールはどこいった!?(w

座席

実はこの公演、結構ギリギリになってチケットを手配したので、
既に良い席はほとんど残っておらず…、結局2階席の中央列くらいでした。
「遠くて見えないじゃん!」と文句を言う子らをなだめるのが大変でしたが、
2階席は結構せり出した作りだったので、思ったよりは舞台に近くて見やすかったです。
あと、1階席前方と比べると、席の埋まり具合もまばらだったので、
空席をゆったり使えて、結果的には良かったかな、と。
まぁ、後述するプリキュアたちが客先に来るサービスはなかったのは、
ちょっと残念でしたが、そこら辺は席ごとの価格差ってことですかねー。(w

第1部

そんなこんなで第1部がスタート。
早速、はな、さあや、ほまれの3人が私服姿で登場です。
何気に、ショッピングモール等で行われるプリキュアショーでは、
私服姿は拝めないので、いきなりお得感満載。
さらに、えみるとルールーは、ツインラブのステージ衣装で歌唱とか!
思わず、子供の「ツインラブライト」を奪い取って振りまくり。(w
ていうか、キャラが登場するたびに、会場みんなで「ツインラブライト」を
キャラのイメージカラーに合わせて振りまくってる光景を見て、
何か、1週間前にも同じような光景見たな、と。
まぁ、客席の年齢層にはだいぶ違いはありますが。(そこは触れてはいけませんw
途中、プリキュアたちが1階席の客席に降りてきてくれる演出に、
2階席の我々は悔しい思いをしたり、
クライアス社新入社員というオリジナル敵キャラが出てきて、
下の子が恐れおののいたりしつつ、第1部終了。

第2部

20分間のトイレ休憩の後、第2部がスタート。
まずは、会場のお友だち参加型のダンスレッスンコーナーです。
ウチの子らも楽しく踊っていましたが、このコーナーだけは撮影が許されるので、
親たちは撮影に必死でした。(w
ショーの方は、歌ありダンスありバトルありお着替えありクイズあり漫才あり、
と盛りだくさんで、大人の私も全力で楽しめる大満足の内容でした。
これぞ2.5次元というスクリーンを使ったアニメーション演出との融合もあって、
新鮮な感じで楽しめましたねー。
そして、ショー終盤には、まさかのまほプリチームとプリアラチームが総登場。
まほプリ3人、プリアラ6人、はぐプリ5人、計14人がずらっと並び、
それぞれの作品の曲を歌い踊る光景は、ホント壮観でした。
個人的には、キュアマジカル(CV:堀江由衣)とキュアアムール(CV:田村ゆかり)が
同じ舞台に立っているというだけで、別の感動がありましたが。(w

ハイタッチ会

公演終了後、「ツインラブライト」購入者限定のハイタッチ会がありました。
といっても、2階席の我々は順番的には最後なので、だいぶ待ちましたが…。
もしや、さっきの14人の歴代プリキュアたち全員とハイタッチできるのか!?
なら、オレはキュアマジカルとキュアアムールを選ぶぜッ!
などと思ってましたが、残念ながらはぐプリチームの5人だけでした。
ていうか、当然の如く、我が子のハイタッチ風景を記録に残すのに必死だったので、
自分がハイタッチをしている余裕などなく…。orz
ちくしょー、オレだってキュアアムールとハイタッチしたかったわー!

総評

プリキュアショー自体は、ショッピングモール等で無料で観ることもできるので、
正直、お金払ってまで…ってちょっと思ってましたが、
実際行ってみて、これはお金払ってでも観る価値あった!と素直に感じました。
というか、無料のショーとは、クオリティがまるで違いすぎました。
最終回放送前日の千秋楽、まさに駆け込みでの観覧でしたが、
子供たちも歌ったり踊ったりと全力で楽しんでたし、ホント行ってよかった!
はぐプリにハマった1年間の集大成として、こんな素晴らしい時間はなかったデス。
今までありがとうはぐプリ!
明日の最終回も楽しみにしてます!