自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

犯人たちの事件簿 7巻

今回も事前に情報を察知してネット予約していたので、発売日には労せずゲットしていました。
f:id:kuni_18:20191126222845j:plain
がしかし、ここ最近色々と忙しくて(主にガルパンヤマノススメの視聴w)、
気づけば1ヶ月以上も"積読"してしまっていました。
で、ようやく落ち着いてきたので(主にガルパンヤマノススメの視聴が完了w)、
満を持して読んでみましたよっと。
ていうか、何故に私はこんな面白いマンガを"積読"してしまったのか!?
と後悔しちゃうくらい、既巻に負けず劣らずの面白さでしたー。
今回も、電車内で読んだので、笑いを堪えるのに必死でしたわ。
たぶん、マスクしてなかったら通報されてたかも。(マスクしてた方が怪しいw


さて、今巻からcaseシリーズに突入し、「魔犬の森の殺人」、「露西亜人形殺人事件」、
「銀幕の殺人鬼」という豪華ラインナップ。
どれも面白くはありましたが、その中でも個人的には「魔犬の森の殺人」がツボりました。
これまでにも数々の名作を生んできた犯人たちシリーズですが、その中でもかなり上位に来るレベル。
共犯者の犬たちとの感動の交流に始まり、一の性欲を見誤ってまさかのエンカウント。
一度は一を手なずけて仲間感を出すも、最後は犬の気持ちがわかっておらず、謎解かれバッドエンド。
気持ち良いほどに流れるような美しい展開でした。(w
特にお気に入りは、「どういう感情で言ってるんだ俺は…。」からの
「どういう感情で聞いてるんだ、お前…?」のくだり。
今思い出しても笑いが漏れ出てきそうです。
この視点で描こうと思う発想がすごすぎる。やっぱ船津先生天才ですわ!


次巻はいよいよ、屈指の名作「金田一少年の決死行」が登場するらしい。
あの「巌窟王」が奇才船津先生にどう料理されるのか、今から楽しみです…!