自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

ガールズ&パンツァー TVシリーズ

ガルパン熱が止まらない。
既に、読者さんたちを完全に置いてけぼりしてる感は否めませんが、好きなんだからしょうがない
あまり気にせず、今日も語っていくよー。


昨日、最終章を観に行く前に、既に見終わってはいましたが、語るタイミングがなかったので、
時系列を逆転させてお届けします。
ちなみに、今日は島田流師範の一人娘、島田愛里寿の誕生日。
そんなめでたい日に、ガルパンを語れるという幸せをかみ締めつつ、いってみよー。


先日も語りましたが、TVシリーズOVAを映画サイズに再編集した総集編は見ているので、
大体の大筋は既に知ってはいたんですが、総集編はやっぱり尺の関係もあって、
少々強引に駆け抜けた感じで、初見の私にとっては、軽く置いてけぼり感があったんですよね。
その点、TVシリーズは、当然だけど、全体的に余裕を持った展開で、戦車バトルはもちろん、
日常シーンとかもしっかりと描かれてて、落ち着いてじっくり楽しめた感じですね。
ただまぁ、欲を言うと、12話でもちょっと物足りなさというか、駆け足感はあったので、
2クール26話構成で、もっと各戦車バトルやキャラの掘り下げをしっかり描いても
良かったんじゃないかなーとは思ったり。
最終章が終わったら、TVシリーズを26話構成に再アニメ化、よろしくお願いします。(w


しかし、劇場版の後に見ても、何ら違和感を感じることはなく、
TVシリーズとは思えないクオリティに、ただただビックリ。
TVアニメ特有の作画崩壊とは無縁の作品となっているので、それはそれでちょっと寂しくもあり。(w
ベストシーンは数あれど、1つ挙げろと言うなら、会長好きとしては、
やっぱり最終回のみほと会長のハグ、あのシーンしかないでしょう。感動必至!
ただ、リアル世界で会長と同じ苗字の悪友がいて、会長を苗字で呼ぶと、
その悪友を思い出しちゃうので、会長は会長と呼ぶことに決めてます。(w


ちなみに、TVシリーズ見ると、のちにOVAが作られた理由がよくわかります。
というか、このTVシリーズの展開だと、OVAがなかったら、アンツィオが不憫すぎます。(w
でも、その話は、またの機会に取っておきましょう。