自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

「この世界の片隅に」を観る

先日テレビでやっていた「この世界の片隅に」、ようやく観ました。
話題の映画だっただけに、ずっと興味はあったんですが、実際に観て本当に良かった。
老若男女、できるだけ多くの人に観てもらいたいし、変な前情報を持たずに観てもらいたいので、
ここでは敢えて多くは語らないでおこうかと思いますが、素直に観て良かったと思える作品でした。
戦争を知らない我々が、戦争の愚かさ、悲惨さを再認識するということだけでなく、
激しさを増す戦時下の中で、工夫を凝らし、明るく、必死に生きていこうとする姿に、
純粋に心を打たれました。
まだ観たことのない人は、ぜひ観て欲しい。
日本人として生まれたからには、決して目を背けてはいけない過去が、そこにあります。


ところで、この作品を語る上で、外せないのが、声優「のん」の存在。
このブログでも何度となく、俳優・女優が声優を務めるということに、苦言を呈してきましたが、
正直、この声優「のん」については、これ以上ないほどに、ハマっていたと言わざるを得ません。
おっとりした演技、どこか艶っぽい声質、絶妙な広島弁、時に見え隠れする感情的な表現、
その全てが、すずさんのイメージそのものでした。
そして、細谷佳正小野大輔潘めぐみなど、実力のある声優を脇に固めてくれていたこともあって、
演技に違和感を感じることもなく、自然に物語に集中できました。
この作品を観て改めて、声優が作品の出来を左右する重要なファクターの1つだと再認識すると共に、
声優「のん」について、もっと別の作品でも声を聴いてみたいという楽しみができました。


ちなみに、今年の12月には、カットされたシーンや新たなシーンを多数加えた長尺版、
「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が公開されるようなので、そっちもぜひ観てみたいです。