自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

未来のミライ

何となく、毎年夏の風物詩となりつつある、細田守作品。
先日テレビでやってたのをようやく見たので、アニメ好きの端くれとして触れておこうかと。


これまでの細田守作品とはちょっと毛色が変わって、割とリアルな世界観。
私も、子育て世代真っ只中だったりするので、あるあるーとか思いながら、興味深く見れましたね。
子供に対して時にツラく当たって、子供をイジけさせるシーンとか、
リアルすぎて、自分自身ちょっと反省するレベルで見てました。(w
独身時代に見てたら、また全然違った印象になったんでしょうけど。
親の苦労シーンもそうですが、戦争のことなんかも描いていたりもするので、
子供が大きくなったら、ぜひ見せてみたい作品ですねー。


と、ある程度褒めたところで、毎度同じこと言うけど、これだけは言っておく!
何故に、本業の声優を使わないッ!
まぁ、今回の声の出演者も、全体的には無難にまとまってはいたけど、
それでも、ところどころ、やっぱりアレ?ってところはあったし、
本業の声優さんと比べたら、正直足元にも及ばない演技と言わざるを得ない。
話題性を取るためには、ある程度仕方ないのかもしれないけど、
作品のクオリティという意味では、絶対に本業の声優さんの方が良いでしょ!
声オタ歴30年の私が言うんだから、間違いない!(w
そんな中、我らが初代デジキャラット声優、真田アサミが出演していたのは、
唯一の救いであったと言えよう。
ただ、どうせなら、セリフの語尾は「~にょ」にして欲しかった。(無理言うなw