自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

第13回声優アワード

早いもので、今年もこの季節がやってきました。
というわけで、声オタの端くれとして、今年もwikiカンニングしつつ、
個人的に気になったところに絞って振り返ってみましょー。
※ちなみに、一部ネタがなかった賞はこっそり省いています。(w

新人男優賞:天﨑滉平、石井マーク落合福嗣仲村宗悟

ココでの個人的注目ポイントは、天﨑さんと落合さんですね。
天﨑さんといえば、ハイスコアガールの矢口。
当時、名前すら知らなかった声優さんでしたが、あのクセのある矢口のキャラクター
見事に表現していて、素直に上手いなーと思ってました。
一方、落合さんの方は、はぐプリやグラゼニで大活躍していて、
最近の声優さんを知らない私でも、文句のなしの受賞ですかねー。
ていうか、プレゼンターの片岡富枝さんがステキすぎた。(w

新人女優賞:石見舞菜香楠木ともり林鼓子本泉莉奈本渡楓

単純に多っ!
まぁそれはさておき、ココで特筆すべきは、石見さんと本泉さんかな。
まず、本泉さんは言わずと知れたキュアアンジュ。
ていうか、それしか知らないんですが、キュアアンジュでの堂々とした演技は、
あの個性豊かなはぐプリ声優メンバーの中でも、しっかり印象を残してましたねー。
はぐプリファンとして、今後の作品でも大いに期待してます!
石見さんは、前にチラッと話題にしましたが、島根出身者として、個人的に大注目声優だったり。
やはり、私には先見の明があるということが証明されました。(w

歌唱賞:ヒプノシスマイク

ゴメン、正直まったく知らないです…。
ただ、1つ言えることは、”速水奨かっけぇー”ってことでしょうか。
メンバー1人1人が壇上で挨拶するときに、若手声優の中に、速水さんがしれっと入ってる姿に
気付いたときは、マジでビックリしましたよ!(w
でも、こういうベテランと若手のコラボは大好きなので、応援してます。

パーソナリティ賞:諏訪部順一

ラジオでの活躍は知らないですが、今や声を聞かない日はない売れっ子声優さん。
最近では、仮面ライダーエグゼイドのナレーションでもお馴染みですねー。
まぁ、前からイイ声だとは思ってましたが、元々はラジオDJが活動の中心だったとか。
それは納得。

インフルエンサー賞:南條愛乃

ラブライブ声優ってくらいしか印象はないんだけど、wikiで調べてみると、
じょしらく覇穹 封神演義からくりサーカスなど、ちょいちょいとは視聴作品で出演してる様子。
でも、個人的にはそんな知名度でも、インスタのフォロワー数20万ってのはホントすごいな…。
ちなみに、未だに「あいの」と読んでしまうのはナイショ。(w

キッズ・ファミリー賞:TARAKO

去年、さくらももこさんが亡くなったこともあったので、順当な受賞でしょうか。
壇上での挨拶の中で、若手声優に向けたメッセージとして言った
「今その瞬間にそのキャラに命を吹き込めるのはアナタしかいない。」
という言葉。
まさに、ここ数年悲しい出来事が続いたTARAKOさんだからこそ言える言葉だと思いました。
会場にいた若手声優さんたちは、この言葉をしっかりと心に刻んで、今後も頑張って欲しいですね。

富山敬賞:山口勝平

ココで勝平さんが受賞とは、驚きと喜び。
やっぱり、この年代の声優さんが受賞するというのは、嬉しいモンですね。
久しぶりに、勝平さんの姿を見ましたが、昔と変わらず若々しかったです。
私が小さい頃から知ってるけど、いつの間にか私の方が歳を追い越してしまった感じ。(w
ちなみに、受賞コメントでの富山さんとのエピソードが印象的でした。

高橋和枝賞:かないみか

勝平さんに続き、かないさんとか、これはもう俺得以外の何モノでもない。
勝平さん共々、声もお姿も若々しくて、羨ましい限りですよ。
今後も、唯一無二のロリボイスの持ち主として、第一線で活躍していって欲しいですね。
ちなみに、受賞コメントでは、勝平さんに負けず劣らず、高橋和枝さんとのエピソードを披露。
やっぱり、後世まで活躍する声優さんは、エピソードも持ってるなーと。

功労賞:緒方賢一京田尚子

早乙女玄馬」と「大文字流家元」じゃないかー!?
というわけで、らんま1/2好きの私は、勝手に歓喜しておりました。(w
緒方さんは壇上でもイメージ通りのおちゃらけキャラだし、
京田さんは初めてお姿は見ましたが、素敵なお婆様って感じがにじみ出てました。
76歳と84歳というお歳ながら元気いっぱいだったので、今後の活躍もホント楽しみデス!

外国映画・ドラマ賞:森川智之甲斐田裕子

確かに、森川さんと言えば、外画吹き替えよくやってるなーという印象ですね。
まぁ、個人的には金田一明智警視ですけど。(w
甲斐田さんは、銀魂月詠の印象が強いけど、去年ははぐプリのジェロスですね。
外画吹き替えって、腕のある声優さんしかできないってイメージあるから、
外画に出てる若手声優さんがいたら、その人は実力あるってことで。(偏見w

助演男優賞古谷徹三宅健太

いや、ココへきてすごい大御所きたな。(w
まぁ、去年はコナンの安室ブームがあったし、致し方ないか…。
三宅さんの方は、コレといった作品やキャラが思い浮かぶ方ではないですが、
作品の1つのパーツとして、なくてはならない声優さんという印象。
そういう意味では、文句なしの受賞といった感じですね。
ちなみに、大御所さんだと思ってたけど、wikiで見たら歳は1つしか違わなかった。(w

助演女優賞芹澤優東山奈央

芹澤さんは個人的には印象ないのでスルーで。
東山さんの方は、初めて認識したのは「愛・天地無用!」だったかなー。
その後も、「マクロスΔ」や「月がきれい」などで、見かけてたので若手の中では、
印象に残ってる方かも。
出ては消えていく声優業界で、この人は確実に残っていく声優さんだとは思うので、
今後も頑張っていって欲しいですねー。

MVS〈Most Valuable Seiyu〉: 神谷浩史

最多得票賞を殿堂入りした神谷さんが、賞の名を変え、再び帰ってきました。(w
プロフェッショナル 仕事の流儀」での出演など、大活躍の神谷さんですが、
その昔、ツインビーPARADISEでちょい役やってたのを私は知っている!(w

主演男優賞:内田雄馬

正直、”内田真礼の弟”っていうイメージしかないんだけど、wikiを見て、
マクロスΔのハヤテかーとは認識できました。
とはいえ、正直それくらいの印象しかないので、ちょっと受賞早すぎでは?とは思ったり。
まぁ、今後の活躍で、そんな負のイメージを払拭してもらいたいですねー。

主演女優賞:三瓶由布子

だぁ!だぁ!だぁ!」のときは、お世辞にも上手いとは思えなかった三瓶さんが、
主演を取るにまで成長するとは!
もはや父親の感覚です。(w
身重の体で壇上に登場していましたが、まずは元気な赤ちゃんを産んでもらって、
その後はまた戻ってきて、貴重な少年ボイス声優として活躍して欲しいですね。