自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

隠れオタク中年の声優トーク事件簿

現在のプロジェクトに協力会社の新人君がいるんですが、
何気なく、そいつと話をしていたときに起こった事件について報告します。

その1

そいつには兄貴がいるらしいんですが、その兄貴がとある歌手にご執心らしく、
平気で仕事を休んでは、その歌手のライブに通っているらしい。
いやまぁ、そこまではどこにでもありそうな話なんですけど、
その歌手が誰だか聞いてみてビックリ。
「いやぁ、知ってますかねぇ? 水樹奈々っていうんですけど…。」と。
いや、知ってるも何も、先日もカラオケで「深愛」歌いましたとも!(w
…とは言えず、「あぁー、確か何年か前の紅白に出てた人だよねぇ?」
みたいな当たり障りのない返しをしておきました。(w

その2

何気なく、好きな芸能人の話になる。
そいつはまだ20代なので、話合わないかもなーとか思いながらも、
どんな子がタイプ? 例えば芸能人だと?みたいな問いをしてみたところ…、
「女優とかではないんですけど、知ってるかなぁ。花澤香菜っていう声優なんですけど…。」
いや、知ってるも何も、先期の「はたらく細胞」の赤血球さんはハマリ役だったよね!(w
…とは言えず、「あぁー、何か名前は聞いたことあるー。有名な声優さんだよね確か。」
みたいな当たり障りのない返しをしておきました。(w


いやー、隠れオタクはツライよ…。(w
しかし、一昔前は、大っぴらに声優の話なんてできない雰囲気があったけど、
時代は変わったんだなーとしみじみ。
声優という職業が市民権を得たという喜びもありつつ、
オタクだけが知る世界という特別感が失われた気がして、
ちょっと寂しくも感じた瞬間なのでした。