自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

熱海旅行という名のうみねこ妄想の旅 −こぼれ話編−

「風呂は命の洗濯よ!」
昔、どこかの偉い人(葛城ミサト)が言ってた名言ですが、
旅行中のお風呂では、しばしば予期せぬことが起こります。
というわけで、今回の旅行中でのお風呂エピソードを振り返ってみようかと。

男同士の裸の付き合い

1日目の夜に入ったお風呂でのこと。
私が入ったときには、他に誰もおらず、貸しきり状態。
というわけで、夕食をクソ食いすぎてフラフラな体を癒すべく、
まったりとお風呂を楽しんでいたところ、学生らしき3人の集団が入ってきました。
温泉を目の前にテンションが上がったのか、3人でキャッキャウフフと
大盛り上がり。
そんな3人組の姿を見て、ちょっと羨ましくも感じたり。
家族で行くのもいいけど、男友達とワイワイ温泉行くのもいいなーと。
家族で行っても、男は私1人だから、大浴場はいつも1人だしね…。
というわけで、男の皆さん、誰か私とお風呂に入りましょう。(誤解を招くぞw

旅の醍醐味と地雷

2日目の朝に入ったお風呂でのこと。
ゆっくりお風呂を満喫後、脱衣所で支度をしていたところ、
同じタイミングで出てきた見知らぬ男の子に声をかけられる。
ここから1時間くらいのところから来ていること、小学2年だということ、
朝が弱いお兄ちゃんがいて、今もまだ寝ているということ、などなど、
思いがけない相手としばし世間話に花を咲かせました。
旅行は、こういう偶然の出会いも醍醐味の1つですよね。
声をかけてくれた少年にも感謝です。


ただ、ここで1つ、地雷を踏んでしまいました。
少年との会話の中で、何気なく「お父さんは?」と聞いてしまったんですが、
お父さんはいないとの返答が…。
少年は、特に気にする様子もなく、淡々と話を続けていましたが、
ひょっとしたらツライ過去を思い出させちゃったりしたのかな、と、
あまり考えなしに、父親の話題を出したことを反省。
この時代、片親の世帯も珍しくないわけで、子供と接するときには、
そういうことも想定した上で、接しないといけないなーと感じた出来事でした。