自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展 from1989

というわけで、友人の「ひぐらしも展示されてるよ」という言葉にホイホイされ、
「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展に行ってきました。(w
そんなわけで、キッカケは割と不純な動機でしたが、いざ行って見ると、
予想以上に面白かったデス。
1989年以降の作品が対象ということもあり、まさに私のドストライクの時代の
マンガ、アニメ、ゲームの作品がズラリと紹介されてました。
また、アニメの上映や、マンガの原画展示、ゲームの試遊台があったりと、
ただ見るだけでなく、体験できる工夫もされていて、
割と駆け足で回ったつもりでも、全部見終わったら2時間過ぎてました。
全部で130作品もの展示があるので、全部は紹介しきれませんが、
その中で、特に私の琴線に触れた作品をざっとご紹介。

■第1章 現代のヒーロー&ヒロイン
美少女戦士セーラームーン(アニメ)
少女革命ウテナ(アニメ)
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(ゲーム)
スーパーマリオブラザーズ30周年(ゲーム)


■第2章 テクノロジーが描くリアリティ―作品世界と視覚表現
ファイナルファンタジーVII(ゲーム)


■第3章 ネット社会が生み出したもの
ひぐらしのなく頃に(ゲーム)
コロニーな生活(ゲーム)


■第4章 出会う、集まる―「場」としてのゲーム
Dance Dance Revolution(ゲーム)
ストリートファイターII(ゲーム)
ぷよぷよ(ゲーム)


■第5章 キャラクターが生きる=「世界」
THE IDOLM@STER(ゲーム)
ときめきメモリアル〜forever with you〜(ゲーム)


■第6章 交差する「日常」と「非日常」
新世紀エヴァンゲリオン(アニメ)
あずまんが大王(アニメ)


■第7章 現実とのリンク
イタズラなKiss(マンガ)
君に届け(マンガ)
俺物語!!(マンガ)
銀の匙 Silver Spoon(マンガ)
水色時代(マンガ)
3月のライオン(マンガ)


■第8章 作り手の「手業」
板野一郎と「マクロスプラス」(アニメ)


会場内の衆人環視の中、友人とプレイした初代DDRはいい思い出です。(w