自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

トッキュウジャーに会いに行く

さーて、今日も元気にトッキュウジャー見るぞー!
と思ったら、今日は特番で中止だと…!?
おぉ…、オレの1週間の活力剤がぁぁぁ…。orz
…待てよ。
やってないなら、こっちから見に行けばいいんじゃないかっ!


というわけで、急遽調べてみたら、偶然にもららぽーとTOKYO-BAYで、
本日開催という情報をゲットし、思いつきで行ってみることに。
しかし、世はまさに三連休の真っ只中。
かなり余裕を見て出発したものの、あいにくの大渋滞。
普段なら30分もあれば着くところが、倍もかかってしまいました。
一時は本気で無理かも…と諦めかけましたが、何とか開始5分前に到着。
さすがに、会場は既に超満員状態でしたが、ちょうど良く
立ち見の2列目辺りを見つけ、いざ観戦デス。


まずはお姉さんが出てきて、諸注意連絡と子供たちの掛け声練習。
そいや、あさぽんって昔こういうイベントのお姉さん役をやってたって
言ってたなーとか思い出しつつ、ショーがスタート。
まずはシャドー怪人が現れ、状況を説明。
どうやら、トッキュウジャーたちはそれぞれバラバラにされてしまったらしい。
というわけで、まずは1号が単体で登場。

まさか、1号しか出ないんじゃ…とか心配になってたら、5号と3号がきたー!

中身は違うってわかっていても、脳内変換して萌えられるオレすげぇ。(w
もちろん、2号と4号も地味に登場。

殺陣も結構しっかりしてて、大人でもなかなか見ごたえアリ。
しかし、バラバラに戦っているため、形勢は不利。
そうだ、そんなときは、みんなでトッキュウジャーを応援しよう。
まんまと乗せられたちびっ子たちは、大声で「トッキュウジャー!」と大声援。
…するとどうでしょう。トッキュウジャーたちが全員集合したではありませんか。

勝利のポーズ、決め!
こうなれば、トッキュウジャーの独壇場。
あっという間にシャドー怪人たちを成敗したのでありました。

めでたしめでたし。

…って、6号はどうした!?(w
個人的には、最後に変身前の姿でハーモニカ吹きながら現れて、
「オレの死に場所はどこだ?」とか言って、去っていくというエンディングを
期待してたんだけど、さすがにそれはなかったです。(w


ちなみに、途中シャドー怪人が現れて、会場からシャドーラインに
入りたいちびっ子を募って、客いじりするコーナーがあったんですが、
これが地味に面白かったです。
シャドーラインに入りたいといって手を挙げたちびっ子なのに、
シャドー怪人ではなく、トッキュウジャーが好きです!と
答えてたを見て、子供って嘘つけないんだなーと改めて思った。(w


というわけで、パパは終始ノリノリで大満足のイベントだったんですが、
半ば強引に連れてこられた我が娘はというと…、
まぁ、何かそれなりに楽しんでたような気がする。
…きっとそうに違いない。(w
ところで、終了後には握手会もあったんですが、先着順に配られた
握手券を持ってる人だけだったので、残念ながら握手会は不参加。
まぁ、ウチの子は、近づいたら泣き出しそうなので、
行かなくてよかったかなーと。


しかし、地方のショーといっても侮れんですね。
いつも見てる人にとっては、十分大人でも楽しめるレベルでした。
これは、仮面ライダードライブショーにも行ってみねば!
で、どうせなら生霧子さんが出演するショーに行きたいです。(w