自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

隠れオタクはつらいよ

まずはじめに言っておきますが、私は隠れオタクです。
当然、会社でもごく普通のパンピーを装っています。(w
それを踏まえて、今日の会社での出来事を聞いてください。


ちょっと前に、会社の飲み会で話したこともあってか、
最近、ある後輩がよく話しかけてくるようになったんですが、
今日もフラフラとやってきました。
で、おもむろにこの前観てきたという「宇宙兄弟」の映画の話をし出す。(w
しかも、コレはいい話だ、観るべきだと力説。
いやまぁ、ぶっちゃけTVアニメは全部見るほど好きで、
映画もスゴイ興味あるんだけど、当然そんな話はしてないわけで。
てか、パンピーを装ってる自分に対して、いきなりアニメ勧めるか…?
よっぽど、オレから隠し切れないオタクオーラがにじみ出てたんだろうか?(w
まぁでも、これはまだ序章に過ぎなかったわけですが。


夕方、再び後輩登場。
さっきの話で味を占めたのか、今度は今ハマってるアニメがありまして…、
と話がスタート。
どうやら、「魔法科高校の劣等生」と「月刊少女野崎くん」らしい。
…いやゴメン、そっちはリアルにわからんわ。(w
そんなこっちの都合は露知らず、延々と面白さを語ってくれました。
挙句の果てに、布教したくてウズウズしているらしく、
大量のラノベを貸してくれそうな雰囲気になってきたので、
慌てて「それなら、宇宙兄弟のマンガを貸して」と話をそらす。
正直、ラノベとかもう無理っす。(w


しかし、どんな趣味かもわからない相手に対して、アニメの話とかよくできるなぁ。
隠れオタクの私には、この感覚はまったく理解できないのでした。