自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

自動車カタログお宝コレクション−ホンダ編−

そんなこんなで、自動車カタログコーナーも第2回。
いよいよ、我がインテRのホンダが登場です。
どんな車が当時の私の御眼鏡に適ったのか。
早速見ていきましょう。

シビック(EK型)


まずはジャブ的なところで、ノーマルシビックです。
コレをもらった理由は、やっぱり頭文字Dのデンジャラス慎吾の影響かと。(w

インテグラ(DC1)


ノーマルシビックをもらったら、やっぱりインテグラもということで。
しかし、シビックと違って、表紙からクールなデザインが光りますね。

シビックTypeR(EK9)


まぁ、やっぱりシビックといえば、TypeRですね。
でも、外見だけで言えば、EK9よりEG6の方が好きだったりします。

インテグラTypeR(DC2)


で、我が愛車のカタログもしっかりゲットしてます。
まぁ、入手した当時は、まさかこの車の所有者になるとは思いもよりませんでしたが。

S2000


こういう車を見てると、この当時のホンダはホントいい仕事してたなぁと感じますね。
宝くじ当たったら、2台目として欲しかっただけに、なくなってしまったのは残念。

NSX


コッチは、例え宝くじが当たっても、ちょっと手が出なさそうなNSXです。(w
当時は、たまに公道で見かけると、感動して無駄に尾行したりしてました。(おぃ

コメント

前回のトヨタマツダ編と比べると、量が全然違いますね。
やっぱり、ホンダは当時から私の琴線に触れる車をたくさん作ってましたねー。
だからこそ、数年後に私も今のインテRを買うことになるわけですが。
カタログのセンスも、トヨタの比べると格段にハイセンスさを感じます。
ただ、NSXの表紙だけは、とても1000万する車だとは思えないけども。(w