自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

奥の深いときメモ2の世界−第3回−

まだまだあるよ、ときメモ2の奥深い世界。
というわけで、3回目の今回スポットを当てるのは、
口の悪さに定評のある主人公です。
初代でも、デートを誘われた際の断り文句として、
「残念ながら俺様は忙しいのだ」という名台詞がありましたが、
その台詞がかわいく思えるほどの、極悪非道っぷり。
誰がこんな選択肢を選ぶんだ、と思わずツッコミを入れたくなる
主人公の名台詞のほんの一部をご紹介します。

陽ノ下光:ボーリング場

光「これ倒したらターキーよ!よう〜し!頑張らないとね。」

「肩の力を抜いた方がいいよ」
「ターキーがなんだ」
「ようし、ぜったいに取れよ」

白雪美帆:花火大会

美帆「花火って、夜空のファンタジーですね。」

「きわめて現実的な化学反応だと思うけど」
「そうだね、写真撮っておこうか?」
「本当にそんな感じだね」

寿美幸:室内プール

美幸「この水着、どうかな?」

「うん、すごく可愛いよ、寿さん。」
「なんか変だね」
「最近の流行なの、それって?」

伊集院メイ:夏祭り

メイ「ところで今日のメイは、庶民のお祭りに合わせて
   わざわざ浴衣を着てやったのだ。」

「すごく似合ってるよ」
「歩きづらそうだね」
「…頼んでないよ」

麻生華澄:下校時

華澄「あ、ちょうど良かった。今帰るとこでしょ?
   一緒に帰らない?」

「うん、いいよ」
「そんな暇などあろうはずがない」


…せっかく華澄さんが、先生と生徒という立場を超えて誘ってくれてるのに、
「そんな暇などあろうはずがない」って鬼畜すぎだろ。(w