自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

コクリコ坂から

基本的に、甘酸っぱい恋愛話には目がないワタクシ。
まさに、「コクリコ坂から」にはそんな雰囲気がプンプンしてることもあって、
見る前から密かに楽しみにしてたんですが、ようやく金曜ロードショーされたので、
遅ればせながら見てみましたよ。


と、期待はしてはいつつも、前にココでもネタにしましたが、
如何せん前作の「ゲド戦記」がビミョーだったので、期待半分、不安も半分。
そんな心境で見たわけですが、そういう意味では「ゲド戦記」に比べれば100倍面白かったかな。
ただ、やっぱり何か、荒削りっていうか、イマイチ説明不足だったり、展開が早かったり、
ちょっとついていけないところも多かったように感じましたね。
まぁ、時代的には私の親世代の話なので、ついていけない部分もあったのかもしれませんが。
あとは、ジブリ作品の時には、何度となく言ってますが、今回も敢えて言おう。
…何故、本業の声優を使わないッ!
別にこの気持ちは、声オタだからというわけではなく、普通の人も同じ意見だと思うんだけどな〜。
正直、俳優や女優を起用したからといって、それなら見ようと思う人がどれほどいるのか?
それなら、声の演技のスペシャリストである声優を起用する方が、よっぽどイイと思うんだけども。
そうは思わないかい? ジブリの偉い人!?


どうでもいいけど、この「コクリコ坂から」のストーリー。
ママレード・ボーイ」のパクリじゃん!って思ったのは、私だけではあるまい。
そう思ったら、急にママレを見返したくなったのでした。(w