自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

20周年記念企画「セラムンと私」−第9回「聖地巡礼」−

そんなこんなでこれまで気まぐれに続けてきたこのコーナーも、
いよいよ今回でストック切れの最終回。
最後は、ある意味でこれまでの回の集大成とも言える「聖地巡礼」について。


まず、第5回で紹介した「謎本」において、セラムンの舞台が実在するということを知る。
そして、そのセラムンの舞台である東京は、第6回でネタにした通り、
里帰りと称して、たびたび訪れている身近な地。
…そうだ、聖地巡礼しよう。(w
当時はまだ、「聖地巡礼」などと言葉自体もなかったような時代で、
インターネットで情報収集することもできないので、
とにかく、「謎本」の情報だけを頼りに、1人で麻布周辺をウロウロと徘徊。
軽く迷いつつも、「氷川神社」にたどり着いたときには、感動しましたねー。
その後、麻布十番商店街の看板や仙台坂上のバス停、高速道路真下の公園、
劇中ではゲーセンとなっているパチンコ屋クラウン、レイちゃんが通う私立T.A女学院の
元となった東洋英和女学院などなど、しばしセラムンの世界にトリップ。
まさしく、セラムンオタの私にとっては、至福の時間を過ごせたのでした。


と、文章だけではイマイチ伝わりませんよね。
実は、当時はデジカメなどない時代ではありましたが、このときのために使い捨てカメラを購入し、
バシバシと写真を撮りまくり、実家に帰った後にそれを友人に見せて自慢してたんですが、
その写真も、今となってはどこにいってしまったのか…。
今や取り壊されて当時の面影がない風景もあるので、貴重な資料をなくしてしまいました。orz
とはいえ、コレだけではあんまりにもあんまりなので、
いろいろと調査して、いくつか当時の風景をかき集めてきました!
では、皆さんもコレを見て、20年前のセラムンの世界にトリップしましょう。

パチンコ屋クラウン