自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

ときめきメモリアル2 実況プレイ

というわけで、本題のときメモ2の実況プレイ動画についてです。(w
キッカケは何となくニコニコ動画のランキングを見ていたときに、
目に留まった可愛い女の子のサムネにホイホイされたんですが、
10年以上プレイしてみたかったゲームを、実況動画という形ではあるものの、
プレイできると思うと、何とも言えない期待と興奮でした。


さて、現在はプレイの方も後半戦を向かえ、3年生がスタート。
まだプレイ途中ではありますが、ここまでの感想を書いておくと…、
いや、ときメモ2最高じゃねーかっ!(w
何で発売した当時、プレステ本体買ってでもプレイしなかったんだ…。orz
初代ときメモの基本的なシステムはそのままに、幼少期があったり、
女の子の呼び方を変更できたり、デートでの天気の概念など、いろいろな新要素もあって、
初代ときメモしか知らない私にとっては、ホントに驚きと興奮の連続。
そして、何と言っても、当時も話題になったEVSシステムが素晴らしい。
要は自分が入力した名前を、キャラが声で呼んでくれるシステムなんですが、
今でも通用するぐらいに流暢に呼んでくれますね。
バーチャコールSの「スイートボイス よびかけ君」とはえらい違いだ。(何
しかし、実況主が付けた名前というのが、よりにもよって「クソ虫」なので、
光が「クソ虫くん」と呼ぶたびに、萌えを通り越して爆笑してしまうのですが。(w


そして、前に金田一の実況動画を紹介したときにも書きましたが、
ゲームの面白さもさることながら、実況動画だからこその面白さがありますね。
まず、実況だからこその面白プレイで動画を盛り上げ、
それを見た視聴者がコメントで盛り上げ、時にはコメント職人がさらに盛り上げる。
このおバカな空間が、最高に楽しいんですよ。
これはもう見た人にしかわからない感覚ですので、ぜひ一度見てみては!?
特に、ときメモを知らない人は、ギャルゲーのイメージが変わりますよ?

…と、キャラへの想いについて書くスペースがなかったので、それはまた後日。(w