自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

20周年記念企画「セラムンと私」−第4回「映画鑑賞」−

一度、木曜恒例と書いてしまうと、何か木曜に更新しないといけないような
強迫観念に駆られる今日この頃。
まぁとりあえず、続けられるだけ木曜に更新していきましょう。
さて今回は、後世まで語り続ける神曲でもお馴染みのあの映画の話題です。


時は、1993年の冬。
我々中学3年生にとっては、高校受験を控えた大事な時期。
そんな時期の正月休みに、私と友人は自転車を走らせ、映画館に向かっていた。
そう、受験勉強などそっちのけで、セーラームーンRの映画を見に行ったのである。(w
しかし、間の悪いことに、その日は雪が積もっており、
思うように自転車が漕げないという、最悪のコンディション。
これはワイズマンの仕業なのか…!?などと思ったかどうかはさておき、
ちょっと上映開始時間を過ぎて、何とか映画館に到着したんですが、
当時の映画館は今と違い、全席自由席。
正月休みということもあって、見渡す限りは既に満席状態。
しかも、周り鑑賞客はやっぱり女子率が高かったこともあり、
仕方なく、友人と2人で一番後ろの手すりの前で立ち見でこっそりと鑑賞することに。
…。
神曲Moon Revengeが流れながらのクライマックスシーン、不覚にも涙している私がいました。(w
私の記憶では、アニメやマンガで感動の涙を流したのは、この時が初めて。
とはいえ、友人と一緒に来ている手前、友人にバレないようにひっそり泣いてたんですが、
終わってから話聞いてみたら、友人も泣いてたっぽかったです。(w
ちなみに、そんな中3の冬を過ごした我々でしたが、無事に志望校には合格できましたとさ。


というわけで、今でも語り継がれる名作「劇場版美少女戦士セーラームーンR」ですが、
ビデオがレンタルされた時には、唯一いたデッキを2つ持っている友人に頼んで、
ダビングしてもらった淡い思い出もあったり。
当時、擦り切れるほど見たあのビデオテープは、どこいったんだろうなぁ。
そんなことを思い出していたら、また見てみたくなってきた今日この頃です。(w