自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

セラムン再アニメ化における2つの問題

先日セラムン再アニメ化発表の後、先代アニメから何1つ変更して欲しくないと書きましたが、
よく考えたら2つほど変えて欲しいことがあったので、今日はここで訴えたいと思います。


まず、1点目は声優問題。
といっても、基本的な先代のキャスト陣は素晴らしい方たちばかりで、文句のつけどころはありません。
では、何が悪いのか?
それは、ココでも前にネタにしましたが、セラムン代役事件です。
セーラームーンの絶対的声優である我らが三石琴乃嬢ですが、一時期体調を崩されて、
後にちびうさ役で活躍することになる荒木香恵が代役を勤めていた時期があるのです。
しかも、私の記憶では、その時期が無印の佳境の頃だったこともあり、
せっかくのシリアスシーンが変な違和感満載だったのを覚えています。
まさに、声オタにとってはトラウマとも言うべき声優変更シーンは、
新アニメでは三石さんで取り直して欲しいですね。
…まぁ、そもそもセラムンの声優が三石さんならば、の話ですが。


そして、2点目は作画問題です。
これはセラムンを語る上では避けて通れない賛否両論問題なのですが、
セラムンアニメは、とにかく作画が安定してなかった。
特に、知る人ぞ知る"安藤絵"と呼ばれる回は、中学生だった私にとっても見るに耐えないモノでした。
ココでもネタにしてますが、Sでは1話目から"安藤絵"だったから泣けましたね。
…と、セラムンを知らない人のために、比較画像を貼り付けておきます。

通常絵

安藤絵


まぁ、最近ニコ動のコメントを見ていると、"安藤絵"が好きという人もいたし、
今見ると、決して作画として崩壊しているわけではなく、味のある絵だとは思うんだけど、
少なくともOPや変身、必殺技などの使い回しシーンの作画とは大きくかけ離れていることは確かであり、
他の回と見比べると違和感を感じずにはいられないのです。
というわけで、新アニメでは全ての回を伊藤郁子による描き直しでお願いします。
…まぁ、そもそも作画に伊藤郁子が参加するならば、の話ですが。