自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

逆転裁判

逆転裁判

日ごろの残業まみれの憂さ晴らしも兼ねて、映画を観てきました。
そう、まさかの実写化「逆転裁判」デス。(w
友人も前に私が貸したDS版の無印逆裁はやっていたので、
そいつを誘って、逆裁BGMを聞きつつ予習しながら映画館へ。
閑散としてたらどうしようかと思いましたが、思ったよりも盛況みたい。
子供も多くて、逆裁人気の幅広さが伺えますね。


で、早速感想。
いや、逆裁ファンとしては十分すぎるほど楽しめましたね。
キャラは出来るだけ容姿を近づけてたし、仕草や喋り方もうまく似せてる感じ。
まぁ、イトノコ刑事はさすがにちょっとイケメンすぎでしたが。(w
ストーリーもかなり駆け足ながらも、原作にほぼ忠実に再現。
近未来の舞台らしい演出も、うまくCGで表現されてましたね。
そして、何気にBGMもトノサマンのテーマを始めとして、
ところどころにゲーム曲をアレンジして使っていたのが嬉しかった。
ちょっとした笑える小ネタや有名なセリフも散りばめられてて、
劇場でもちょいちょい笑いが起きてました。
逆裁ファンなら、観て損はない映画だと思いますよ。


とココまで褒めつつも、敢えて「ファンなら」と書いたのは、
ヤッパリ矢張、如何せん2時間では時間が短すぎる!
ゲーム1本を2時間に収めるなど、無茶すぎますよ。
ゲームをやったことない人は、とてもついていけないんじゃないかなぁ。
所詮は、ファンのための映画といった感じでしょうかね。
まぁでも、コレを観たことでゲームに興味を持ってくれる人がいれば、
それで成功なのかもしれませんね〜。
現に、友人も観終わった後、「2と3買ってプレイしようかな」とか言ってたし。
ちなみに、4が入ってないのは、私が「4はとりあえずやらなくてもいいよ」と
告げ口しちゃったからです。(コラ


たぶん、続編はないとは思いますが、狩魔冥のキャストは誰が合うかを
想像しながら密かに待ちたいと思います。(w