自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

初体験

前にココでもちょっとネタにしたことがありますが、
私はウォシュレットは体験したことがありません…でした。
それを踏まえて、先日のOB会で起こった悲劇をお話します。


コスプレ居酒屋で楽しんだ後、ゲーセンでワイワイ遊んでたら、
急にお腹の調子が悪くなり、慌てて飛び込むトイレの個室。
何とか間に合ったぁ〜と安心して、冷静に周囲を見渡すと…、
あるべきところにあるモノがない!?
しまった! 紙がないやないかー!
正確には二巻きくらいは残っているんですが、替えのロールはない状況で、
とてもこれだけでは足りない絶体絶命のピンチ。
…何か、前に銀魂で似たような状況があった気がするけど、
今はそれどころではないっ。
ひとしきり悩んだ後、このトイレがウォシュレットであることに気づく。
私は一生コイツの世話にはならないと心に決めていたんですが、
正直背に腹は替えられない。
…ケツのバージンを捧げる決意をする。(違


覚悟はできたものの、何せ初めてなので、操作がよくわからない。
ていうか、小さなボタンも合わせると30個くらいあるんですけど…。
とりあえず、感を頼りに、「おしり」なるボタンを押してみる。
…!?
な…、ちょ…、まっ…!!!
なんだろう、この例えようもない感覚は…。
何かもう、勝手に腰が浮いていきそうな感じ。
とはいえ、とりあえず終わるまでは何とか我慢しようと思ったんですが、
何故かナカナカ止まらない…。
故障かと心配になった矢先、よく見ると「止」ボタンがついてた。(w
さて、一度体験してしまうと、今度はいろんなボタンを試してみたくなり、
「やわらか」、「ビデ」など一通り押してみる。
何だかイマイチ違いがわからんが、とにかく得も言われぬ感覚としか…。
結局どれくらいやればいいのかもわからないですが、
我慢できる限界までやりつつ、最後に「乾燥」ボタンを押し、
最後の紙を使って、無事にトイレからの脱出を果たすのだった。


…とりあえず、クセになると怖いから、ウォシュレットはこれっきりにしようと、
心に誓った初体験の夜であった。