自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

Episode7 - Requiem of the golden witch

パソコンのクラッシュに加え、師走の忙しさもあって、
ずっと塩漬けになっていた「うみねこのなく頃に散」ですが、
何とか2011年中にEP7を終えられました。


ゲームの日々はもはや終了し、残るは懐かしき思い出のみ。
ここに無粋なる真実が明かされ、ゲームは死を、迎えるのです…。

まさにこの言葉の通り、次々と明かされる真実。
その真実に一切の慈悲はなく、ただただ残酷に暴かれていきます。
受け入れる準備も不十分なまま、ノンストップで明かされる真実の数々に、
ワクワクを通り越えて、思考回路はショート寸前。(w
しかし、その真実は私の想像を遥かに超え、驚愕と感嘆の連続でした。
まだ最後のEPの残しているこの時点で、この作品を長い間塩漬けていた後悔と、
竜騎士07作品の奥深さに改めて感服するのでした。
さて、残す謎は1点のみ。
その謎がどんな真実を紡ごうとも、私は観劇の魔女として、
全てを見守り、全てを受け入れる覚悟です…!


ところで、このEPで語られている推理小説の3大要素。
フーダニット、誰が犯人なのか。
ハウダニット、どのように犯罪を成し遂げたのか。
ホワイダニット、なぜ犯行に至ったのか。

作中では、「ホワイダニットを蔑ろにしてはいけない」と警鐘をならしています。
確かに、ミステリー作品の中での探偵は、犯人やトリックを暴くことに徹し、
動機は解答編において犯人に告白させるというパターンが多い気がします。
しかし、動機がなければ、事件は起きない。
探偵は、もっと動機に推理を巡らせるべきかもしれませんね。