自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

ドラゴンクエスト展


それは16歳になるに誕生日のことであった。
「起きなさい。今日はお前が初めてお城へ行く日だったでしょう。」

というわけで、予告(?)通り、ドラクエ展に行ってきました。
集まったのはドラクエ世代でひぐらし好きの部活メンバー4人。
少し迷いつつも、11時過ぎには会場に到着。
大雨だったこともあって、思ったよりは混んでない…?
少し待ったものの、すぐに入れました。
入ってすぐ、まずは「ダーマの神殿」で職業の選択です。
選べるのは「戦士」、「武闘家」、「僧侶」、「魔法使い」の4種。
無論被らないように選ぼうということで、「戦士」が不人気でしたが、
私は無事に「僧侶」を選択。
これで空気を読まずにボス戦でザラキ連発できるぜ。(やめれw


職業を選択したところで、「勇者の大地」から冒険スタート。
ドラクエIからドラクエIXに至るまでのドラクエ25年の歴史を振り返りつつ、
職業ごとに課せられた謎を解いていくというシステム。
懐かしい展示に目を奪われてたら、謎解きを忘れたりもしましたが、
何とか「竜王の城」に到着。
ココでは、20〜30人の参加者から、職業ごとに1人ずつ代表者を募って、
竜王」と闘うというアトラクション。
まぁ案の定、ちびっ子や女の子が次々と選ばれていく中、
最後の「魔法使い」で、まさかの奇跡が…!
三十路を超えたおっさんの我が友人が選ばれてるし。(w
それぞれの武器を渡され、スタッフの指示の元「竜王」と闘うんですが、
「魔法使い」の友人は、他のどの参加者よりも大きな声で、
「ベキラマ!」と唱えてました。(w
くそぉ…、オレも「ザラキ!」って唱えたかったぜ。(しつこいw
ちなみに、ボス戦後にこっそり「いかずちのつえ」を持たせてもらったけど、
案外軽かったです。(w


続いて、「歴史の洞窟」でドラクエ誕生時の貴重な資料を拝見。
堀井雄二が書いた手書きの企画書やマップのドット絵下書き、
鳥山明のモンスター原画など、ホントに貴重な資料の数々に、
当時の感動を思い出しつつ、楽しめました。
洞窟を抜けると、「商人の宿屋」で貴重なグッズを横目に見つつ、
「思い出の塔」の試遊コーナーはスルー。
わざわざ六本木まで来てファミコンする気にはなれん。(w
そして、最後に「どうぐや」に立ち寄る。
さすがに「やくそう」や「ひのきのぼう」は売ってなかったけど、
とりあえず、記念のクリアファイルだけ買ってみた。
何気なく「お会計は400ゴールドです。」と言ってたレジ店員GJ!