自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

Episode6 - Dawn of the golden witch

さて、読書の秋に「うみねこのなく頃に散」デス。
終わりも見えてきたEP6をさくっとクリアしました。


前回のゲームの最後に、全てを理解したあの男が「ゲームマスター」に。
対するは前回のゲームで苦汁を飲まされ追い詰められた「探偵」。
全てを理解し、絶対的有利と思われた「ゲームマスター」だったが、
「探偵」の罠によりロジックエラーに追い込まれる。
果たして、論理矛盾の密室から抜け出すことはできるのか…!?
さて、今回はミステリー作品の核となるロジックがテーマとなっています。
このロジックが破綻すれば、ミステリーはミステリーとなりえない。
ロジックを破綻させないようにミステリーを構築するという、
まさに「ゲームマスター」気分が味わえると共に、
ミステリーにおけるロジックの重要性を再確認できました。
また、「観測者」の登場により、今までの物語を外側から俯瞰でき、
新たな視点で謎に迫れる面白さがありましたね。
しかし、未だ根幹となる謎は明かされず。
謎解きについては、EP7以降に期待ですね〜。


ところで、詳しくはネタバレになるので書きませんが、
ココへ来てさらにひぐらしネタをちょいちょい絡めてきてますね。
ひぐらし史上主義の私としてはニヤリの連続で、嬉しい限り。
やはり、うみねこに興味を持った方も、うみねこの前に
まずはひぐらしのプレイを強くオススメします!