自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

かるたと私

さて、今期の期待度No1アニメの「ちはやふる」。
その理由は、前評判の高さや面白さ、絵の綺麗さというだけでなく、
「かるた」という題材にもちょっとした思い入れがあるからだったり。
今日はそんなお話です。


遡ること、今から20数年前…。
まだ千早が新と出会うより2年も前の、私が小学4年生の頃。
我が母校では4年になると、部活動とは別に生徒全員が
何かしらのクラブに入るという決まりがありました。
特にやりたいこともなく、何のクラブに入ろうかと迷っていたところ、
クラブ員集めに苦慮していた当時のクラス担任に目をつけられる。
あとは、あれよあれよで先生が顧問をしていた「かるたクラブ」に
まんまと入れさせられてしまったのでした。
まぁ、「かるたクラブ」とはいっても、扱うのは「ちはやふる」のような
百人一首ではなく、いたって普通のかるたでした。
地元民しかわからないネタばかりの郷土かるたみたいなの使って
毎週まったりとかるたをやってた記憶があります。
そいや、クラブの終盤はクラブ員のみんなで1人何枚かずつ担当して、
自分たちだけのかるたを作ったりもしたような。
今思い出すと、周りのクラブ員はほとんど女子ばっかだった気がするけど、
千早と新のような運命の出会いなど、もちろんありませんでした。(w


…と、多少話がそれましたが、そんなこんなで「ちはやふる」には
より深い興味が沸いたというコトなのでした。
ちなみに、「かるたクラブ」に入っていた私ですが、
百人一首では坊主めくりしかやったことありません。(w