自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

FUJI GT 400KM RACE−2日目−

そんなこんなで2日目、決勝日です。
昨日のアレだけだと、さすがに行った気がしないので軽くマジメに書いとこう。(w


昨日は強い風は吹きつつも雨は降ってなかったんですが、
今日はあいにくのウェットコンディション。
ただ、予報的にはこれ以上ひどくはならず、やむこともありえそうな空模様で、
非常に天候が読めない状況の中、ローリングスタート開始。
しかし、やはり雨でタイヤの温まりが悪く、予定より5周くらいローリング状態が続いた後、
ようやく開幕戦のスタートが切って落とされました。
雨で視界も悪く、コースアウトやスピンする車が続出する中、
隙を突いて我らがMOTUL GT-Rが飛び出して独走態勢。
終盤、ENEOS SC430にかなり追い上げられましたが、まさかの天候が味方に。
徐々に激しさを増す雨で、危険を感じたオフィシャルがレースの中止を判断。
結局、残り6周というところで、順位はそのままに開幕戦終了となりました。
まぁ、終わってみれば去年いいところがなかったMOTUL GT-Rが開幕戦勝利ということで、
GT-Rファンとしては喜ばしいですが、レースとしては不完全燃焼だったかな〜。
雨なのはしょうがないけど、やっぱり最後まで走って欲しかったですね。


…と、マジメなのはこれくらいにして、みんなが気になるオタクネタの続きをば。(w

オフィシャルイメージガールもオタク化

レースの待ち時間等で、巨大スクリーンに富士スピードウェイのイメージガールの
紹介VTRが流れてたんですが、そこでもオタク化が進んでいるようです。
新たに加わった「日野礼香」なる子のプロフィールでは、
趣味は"コスプレ/アニメ/ヲタ芸"、チャームポイントは"ツインテール"と堂々と紹介。
公式的にもオタクに優しいサーキット作りをしてることが伺えますね。(w

解説者も困惑

GT300クラスは、昨日紹介したような痛車勢の増殖により、解説者も困惑気味。
解説時に避けては通れない各車のエントリー名があんな名前なので、
順位等を解説する際も、事あるごとに「イカ娘」や「初音ミク」というワードが出てきて、
マジメな解説でも何か笑えてしまう雰囲気でした。
仕舞いには、解説者もこれらをまとめて「キャラモノ」とひとくくりにしてたし。(w

ピットウォークも異様な熱気

ドライバーやマシン、レースクイーンを身近に感じられるピットウォーク。
まぁ、どうしてもGT500の方が人気が高いこともあり、
GT300のピットはわりと閑散としてるのが普通なんですが、
そんな中でも、痛車カーのピットだけは何かオーラが違います。
ごっついカメラを持った集団がズラリと周りを取り囲み、パンピーは近づけません。(w
ちなみに、結構オタクなグッズも無料で配っていたりするので、
ピットウォークに参加するだけでもいろいろと楽しめると思いますよ?

サーキットに響き渡るアニソン

決勝のスタート順を決めるための最終予選であるスーパーラップ。
予選を勝ち上がるとこのスーパーラップの出場権が与えられるんですが、
このスーパーラップというのが、1台ずつ好きな曲を流しながらタイムアタックをして、
その順位で決勝でのスタート順を決めるという方式。
ココでまさか!?と思った方は、勘が鋭い。
そのまさかなんですが、"好きな曲"というのが痛車軍団は当然アニソンなわけで。(w
ちなみに、今回スーパーラップに残った痛車の曲は以下の通り。

エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
初音ミク グッドスマイル BMW:Winning Road/初音ミク
・PACIFIC NAC イカフェラーリ侵略ノススメ☆/ULTRA-PRISM with 金元寿子

この曲が大音量で響くサーキットを、アナタは想像できますか?(w