自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

うちのトコでは

うちのトコでは

先日、マンガを大量に紹介…というか列挙しましたが、
敢えて1冊別だしで紹介してみようかと。
最近、県民性を紹介するTV番組が流行ってますが、
そのマンガ版とも言うべき「うちのトコでは」デス。
ナンダカンダと各地を転々としてる私なので、
それぞれの県での県民性が面白おかしく紹介されてて、
わかるわかる!と1人で盛り上がってました。(w


ちなみに、島根県民はというと…、

実は伊勢神宮よりでかい出雲大社は島根のプライド。
自分の県が好きか、県民としてのプライドを持っているかという調査で
「はい」と答えた人の割合が多かった県第1位。
大人しくて消極的、無口で表情が読みにくい。
穏やかで賢く、勤勉で我慢強い働き者。
表立って目立つことは好きではないが、長い歴史に裏付けられた実力とバランス感覚を持つ。

だそうですけど、どう思います?(w


そして、このマンガのもうひとつの醍醐味。
それが、本州と四国を繋ぐ橋建設の実話を基にした読み切りマンガ「夢の架け橋」。
今でこそ、当たり前に開通している本州と四国を橋で繋いだ3つの陸路。
しかし、その橋の完成までには、想像を超える苦難の連続だった…!
私は直接橋とは関係ない県出身ですが、同じ中国四国地方であり、
去年は四国に旅行したこともあって、親近感も沸いて一層楽しめました。
何度となく訪れる苦難に立ち向かう県の姿には、素直に感涙!(T_T)
何か無性に、神戸に行きたくなりました。…もちろん四国から橋でね!
ただの県民性マンガというだけでなく、日本の歴史も学べるオススメの一冊ですよー。