自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

パンピー対処法

そういえば書き忘れてたけど、先日のアキバ散策の際、こんなことがあった。
それは、AKB48のチケット購入のために並んでいたとき。
10時を回り、アキバの店々がオープンし始めた頃、
某同人ショップ前に、どこかで見たことある顔が…。
げ…!
偶然にも会社の同期が…。(^^;;;
いや、個人的には全力で私の見間違いであって欲しいケド…。
そいつには、マンガ借りたりしたことはあったけど、
私は、会社では完全に隠れオタを貫いているので、
もちろん実はディープなオタクだなんて、知らない…はず。
ま、まさか…、よりにもよってこんなところで出くわしてしまうとは…。
正直、向こうもあからさまに早朝に某同人ショップから出てきてる辺り、
もはやオタク以外ありえないわけなのですが…、
「いや、弟に頼まれて〜。」
とかはぐらかされでもしたら…。
くっ…、どう見てもこっちの方が分が悪い…!


お互い数秒固まった後、いい感じにテンパっていた私は、
何を思ったか、何事もなく友人の方に向き直り、無視して話を続ける…。
そう、ただの見間違いであったかのように。(w
世の中には、同じ顔の人がいるって、姫リボのエリカ姫もいってたし、(?)
そもそも、お互いにとって、下手に隠れオタという肩書きを共有するよりは、
ココでは会わなかったコトにした方が幸せなはずだ…。
などと、好き勝手な理由をつけて、自分を納得させるのであった。(おぃ
でも、願わくばマインドアサシンよ…、ヤツの記憶を消したまえ。(コラ


ていうか、ぶっちゃけ隠れオタクとして、どういう行動を取るのが正解だったんだろ。

1:「ここのパチンコ出るんだよね〜。」と隣のパチ屋に並んでるふり。
2:「いやー、最近並び屋始めたんだ〜。」と苦しい言い訳で乗り切ってみる。
3:「AKB48いいぜー。一緒に並ぶ?」とおもむろにAKB48を布教。
4:「おっぱっぴ〜。」ととっさに変顔で別人を装う。
5:「ワタシ、ニホンゴワカリマセーン。」とオタ外人になりすます。
6:「…見たな?知ってしまったからには…。」と口封じに消す。
7:「あぁオレ、ヤツの双子の弟なんだ。」と最後の切り札を出す。

…いくら考えても、答えはでない。
ある意味、隠れオタクの永遠の命題なのかもしれない…。
これが俗に言う、「醜い隠れオタのテーゼ」である。(大ウソ