自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

ブランチ

理想の娘?

今日は、久しぶりに会う友人たちとブランチ。
正直、半年近く会ってない人たちもいたので、
最初の挨拶が「あけましておめでとうございます」とか言ってみたけど、
さすがに、それは違和感ありまくりでしたね。(w
まぁ、久しぶりとはいえ、みんな変わってないようで一安心。
でも、結構遊んであげてた知り合いのお子さんには、
軽く忘れられててちょっとヘコみましたよ。
あんなに遊んであげてたのにぃ〜。子供ってのは時に残酷です。(^^;


友人の1人がもうすぐお子さんが産まれるということから、
男の子と女の子どっちが欲しいか、という話に。
私は、基本的には女の子が欲しいかな〜とは思うわけですが…、
この話はそう簡単なことではないのですよ。


女の子は、小さい頃はそれは目に入れても痛くないほど可愛くて、
一緒に風呂に入ったり、将来はパパのお嫁さんになるーとか、
言ってるわけですよ。
しかし、いつしか思春期になり、親を避けるように…。
「パパの洗濯物と一緒に洗わないで!」とか、
「パパのあとの風呂には入りたくない!」とか、言われるわけですよ…。
仕舞いには、親に内緒で彼氏なんか出来ちゃったりして。orz
そんな、苦悩の思春期時代をようやく我慢で乗り越えたと思ったら、
「パパ、実は紹介したい人がいるの…。」
ってなモンですよ。orz
将来はパパのお嫁さんになるって言ってじゃんかよーとか思いつつも、
娘が幸せなら…と泣く泣く了承するわけです。
そして、結婚式当日。一時期は毛嫌いされてた娘から、
感謝の手紙が読まれるわけです。
泣くね、絶対泣くね!


…などという話を切々としてたら、話飛躍しすぎ!とツッコまれました。(w
いやでも、世の男性諸君なら、きっとわかってくれるであろう…!
ていうか、何かモノスゴイ話が逸れたような気がしますが、
とにかく、ナニが言いたいかというと…、
プリメのような娘が欲しいということです。(どんなマトメだよ