自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

祭囃し編

忙しい日々の中、少しずつ進めてきた「祭囃し編」。
ついに、ようやく終わりを迎えました…。
これまで、何十日という日をプレイしてきた「ひぐらしのなく頃に」とも、
ここで一旦はお別れです。
正直、日記の1日分くらいでは到底語りつくせないほどの想いはありますが、
そのどれを口にしてもネタバレになってしまう気がするので、
このブログで多くは語りません。
もちろん、一晩中語りたいという気持ちもありますが、
私はむしろ今後「ひぐらしのなく頃に」をプレイする方が、
ひぐらしのなく頃に」というゲームを最大限楽しんでもらえるように、
余計な知識は持って欲しくないというのが、正直な気持ちです。
アニメで初めて「ひぐらしのなく頃に」という存在を知った、ちょうど1年前。
アニメについて日記に書いたところ、またまた日記を読んでくれた方に、
「アニメは端折りすぎてるからゲーム版がオススメ」と教えてもらいました。
当時は、そこまで気にも止めずに、普通にアニメを楽しんでしまったわけですが、
今、ゲームを終わってみて、その言葉の意味を改めて理解するのでした。
正直、アニメの中途半端な知識は、ゲームの面白さを半減させるだけです。
アニメを見るなとは言いません。でも、願わくば、ゲームを終わらせた後、
復習として見て欲しい、かな。


少し話が脱線しましたが、
そんな私のような思いをして欲しくないという意味もあって、
敢えてここには感想は書かないことにします。
ただ1つ、言えるコトは…、
最高の作品であった!
ということ。
正直、私が今までやってきたゲーム…いや、見てきた物語の中でも、
一番ではなかろうか。
まぁ、活字恐怖症の私ですから、触れてきた作品自体が少ないわけですが。(^^;
そんな活字恐怖症の私なので、クリアするというまでの間に、
それはそれは長い時間をかけてきたわけですが…、
それまでに至る時間は、1分1秒と無駄ではなかったと断言します!
とにかく、私にそこまで言わせるこの素晴らしき作品を、
1人でも多くの方に触れていただきたい…!
これが、この素晴らしい作品を作ってくれた竜騎士07さんに、
私が出来る唯一の恩返し、かなと。


最後に、「ひぐらしのなく頃に解」では恒例となりました、
今回のシナリオを個人的にテーマで表して締めくくりたいと思います。
祭囃し編」…、それはまさに『爽快』!!!