自称イクメン系隠れオタク日記

自称イクメン系隠れオタク日記

島根出身の自称イクメンがネットの片隅でひっそりと隠れてオタクを暴露します。

ワンエイティへの道

上越国際スキー場

暖冬がなんのその!再び雪山へ!
というわけで、友人と日帰りツアーへ出発。
ちなみに、場所は2度目の上越国際スキー場デス。

行き編

今回は新幹線で行くことに。
何気に、新幹線乗るのも久しぶりな上に、
実は上越新幹線は人生初だったりする。
暖冬とはいえ、この時期は混んでるらしく、行きは指定席が取れなかったので、
嫌な予感はしてたんですが…、見事に的中。
かろうじて1席は確保できたモノの、あとの3人はデッキで立ち決定。
ほぼ寝ていない友人に席を譲り、他はデッキでダラダラおしゃべり。
新潟とはいえ、さすがは新幹線。1時間強で着いちゃうので案外楽でした〜。
しかも、今回もボード一式は既に宅急便で現地に送ってあるので楽チン。
一度、この楽さを経験しちゃうと、二度と持ち歩いて行きたくないね…。(^^;
そんなこんなで、新潟に上陸。てか、案の定雪すくなっ。
たぶん例年なら街並みもすっぽりと雪に埋まっているだろうところが、
うっすらと雪が残る春先なたたずまい…。
一抹の不安を感じつつ、スキー場へと向かうのだった。

スキー場編

とはいえ、スキー場は見た目結構雪はある感じで、一安心。
速攻マッハで用意を済ませて、いざゲレンデへGO!
昨日はそこそこ雪が降ったようで、それなりにフカフカな雪質。
天気も快晴で言うことのないコンディションなのですが…、
如何せん、このスキー場の作りが微妙…。
さすがに"国際"と名がつくだけあって、広さだけはモノスゴイわけですが、
どうもコースとコースの間のアクセスが悪いというか…、
平坦な道が続いたり、リフト使わないと移動できなかったり…。
前来たときも思ったんですが、ココはあまりオススメはしないかも。(^^;

ワンエイティ編

前回、ほぼオーリーはマスターしたので(?)、今回はワンエイティに挑戦!
ちょうど友人が結構できてたので、コツを教えてもらう。
…どうやら、私は反時計回りでやろうとしてたみたい。(w
いやまぁ、うまい人はどっちでもできるんだろうけど、
普通は時計回りの方が楽なんだとか。
というわけで、改めて時計回りで練習開始!
うん、確かに時計回りのほうが何となくやりやすいような。
そんなこんなで、しばし練習してると…、
!!!
と、例えるならロマサガで急に戦闘中に技を閃いたときのように、
何かわかんないけどコツをつかんじゃいました。(w
こうなると面白いモノで、いまいち頭ではどうやってるか理解できてないのに、
何となくできちゃうモンなんですよね。オレってばスゲー。(w

ビール…そして記憶喪失編

そんなこんなしてたらお昼なので、昼飯がてらビールで乾杯!
いやはや、運動のあとのビールはしみるぜ。
やっぱり車じゃないと運転の心配しなくていいのがヨイね!
というわけで、ほろ酔い気分で再びゲレンデへ…。
あれ…!?ワンエイティってどうやるんだっけ?
ふぎゃ、酒のせいで忘れてもうた…。(w
そんな状態で強引にやろうとするモンだから、思いっきりコケて後頭部を強打。
いやー、死ぬかと思ったぜ。HAHAHA
しかし、その強打がよかったのか、ワンエイティの極意を思い出し、
再度、クルクル修行に精を出しながら、夕方までガッツリ楽しむのであった。

温泉…そしてビール編

帰りの新幹線の時間にはまだだいぶ余裕があったので、温泉へGO!
やっぱり運動のあとは温泉に限りますなぁ。のぅ、バアさんや…。
ゆっくりと温泉を楽しんだあとは…、やっぱりビールでしょでしょ!
もう完全にオッサン化してますな。(w
そんなこんなしながら、ボチボチ帰りの電車の時間でも調べるか〜と
携帯で検索してたら…、驚愕の事実が判明!
新幹線に乗るには上越国際スキー場前駅から越後湯沢駅に行かねばならんのですが、
19:00の電車を逃すと、20:37の電車まで存在しないという恐ろしさ…!
あっぶねー。危うく余裕ぶっこきすぎて乗り過ごすところでした。(^^;
てか、この田舎っぷりは山口や島根の比じゃないかも…?(w

帰り編

帰りは指定席を取れてたので、疲れMAXの4人は東京まで爆睡。
東京に戻ってきたら、こっちはあいにくの雨…。
多少ブルーになりつつも、老体に鞭打って命からがら家路につく。
眠い目をこすって洗濯だけは済ませ、ばたんきゅ〜。